忍者ブログ

セックス依存症(性依存症)の治療法と説明

セックス依存症とは何か、セックス依存症の治療法は無いのか、ご紹介していきます。


何かに依存してしまうことは、よくないことです。

そう一言で言ってしまえば全てが終わります。

どうしようもなかった、何か支えがないと生きていけなかった
過去のトラウマが何度もフラッシュバックしてただただ怖かった…

たくさんの理由があると思います。

こんなご時世です。仕方ないといえば仕方ないかと思います。

ですから、治療、克服の第一条件として
過度に自分を責めないことがとても大切だと思います。
助けを求めてもいいんです。誰かに頼ったって良いんです。

必要なのは、最低限のマナーと「それなり」の理性。
必要以上に自分の欲を押さえつけることはないですよ。
逆効果にもなりえません。

必ずよくなりますから、あきらめないで、自暴自棄にならないで、頑張ってください。

あなたの味方はすぐ近くにいます。
PR


セックス依存症というが、
依存症患者にとってそれはセックスでなくても良い。
たまたまセックスに依存しただけであり、
その対象はアルコールでも薬物でも良かったということが多い。

ただ、世間の目から見ればセックス依存症というものは、
異性遊びが激しい、軽い奴などと非難されることもまた事実である。
自分がおかしいかもしれないと自ら気づくことが総ての始まりとなる。
 

治療の第一歩として必要なのが自らがセックス依存症だと認めること。

第二にプロの目で見てもらうこと。病院へ行きましょう。
恥ずかしいと思うかもしれません。
でも、セックス依存症は列記とした精神病です。認めてください。

第三に自分の性衝動のパターンを知ること。
そしてセックスへの依存に気付くこと。

第四に自分を愛し、過去のトラウマと向き合うこと。
そしてその過去を癒してください。セックスに依存し、逃げるのではなく。
恋愛やセックスへの依存を捨てましょう。ここまでくればもう少し。

第五にリバウンドに負けないこと。回復してくると、
「少しくらい」「もう大丈夫」と誘惑があります。
これは誰しも経験することです。
この考えが出てきてしまうのは仕方が無いことなのです。
ただここで自分の誘惑に負けてはいけません。意思を強く持ってください。
最後に…勇気を持って一歩踏み出すことです。
その一歩は人により違います。あなたの道を進む決意をしてください。
 

ここまでくるのにはやはり異性との接触を断つことは必要不可欠。
ですがこれが一番難しいでしょう。
 ギャンブル依存症ならギャンブルを。
アルコール依存症ならお酒を断つということですから。

それに加えて周りに異性はたくさんいます。
自分の意志の強さが試され、必要なところです。
セックスしたくなったら、
なにか違うことを考えられるように資力を尽くしてください。
 

意思を強く持ってください。

依存症7日間 短期克服プログラム!7日間で依存症が改善しなければ返金 自分で治したい方用

依存症7日間 短期改善プログラム! パートナーの依存症を治してあげたい方用
| HOME
Copyright ©  -- セックス依存症(性依存症)の治療法と説明 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]